住宅性能

モナミハウジングシステムの『提案型デザイン住宅』

モナミハウジングシステムは、地域の気候風土や敷地条件などを把握し、暮らしを支える基本性能に加え、安心と快適な環境でいつまでも暮らせるレベルの高い確かな品質・性能の家づくりを目指しています。

省エネルギー対策等級

温熱環境の性能については「省エネルギー対策等級」という項目が設定されており1~4等級に区分され表示されます。(等級4が性能の高い住宅となります)
モナミハウジングシステムの造る家は、省エネルギー対策等級4となります。

等級4 等級4 次世代省エネルギー基準(1999年)レベル
等級3 等級3 新省エネルギー基準(1992年)レベル
等級2 等級2 旧省エネルギー基準(1980年)レベル
等級1 等級1 等級2に満たないもの

トップランナー基準をクリア

「トップランナー基準」とは、省エネ法で定める「住宅事業建築主の判断の基準」を指します。 住宅のトップランナー基準で重要視されるのは、窓や外壁の断熱性や気密性で、「トップランナー基準相当」の住宅では、

  • 外壁や窓が次世代省エネルギー基準(1999年)レベルを満たす。
  • 冷暖房設備や給湯設備のエネルギー消費量を、平成20年度時点での一般的な設備のエネルギー消費量に比べて、概ね10%削減する。

上記の2点を満たすことが求められています。そのうえで、

  • 高効率給湯設備や節湯器具
  • 熱交換型換気設備や高効率空気調和設備
  • 太陽光発電設備

などを併設していることが条件となります。
さらに、省エネ基準を超える高い断熱性能を持つ外壁や窓を備えた住宅は、それだけでトップランナー基準を満たす住宅と判断されます。

トップランナー基準

トップランナー基準の尺度となる省エネ基準は、断熱性を表す「熱損失係数(Q値)」と気密性を示す「相当すき間面積(C値)」によって判断されます。
また、フラット35Sの金利引下げ幅の拡大(20年金利引下げタイプ)の適用についてもいくつかの条件がありますが、上記のトップランナー基準をみたす住宅は省エネルギー性条件の「エネルギーの使用の合理化に関する法律」に基づく「住宅建築主の判断の基準」に適合する住宅)という条件をみたすので、こちらの制度も使用できることになります。
モナミハウジングシステムの造る家(R.ZERO R.Ecoに対応)は住宅版エコポイント制度の基準となるトップランナー基準をクリアしています。

省エネルギー性能

省エネルギー性能

断熱性を高めるには住宅から熱を逃げないようにする事が必要です。値が小さいほど高断熱住宅となります。
モナミハウジングシステムの造る家は〔Q値 2.41〕をクリアした高い断熱性能を実現しています。

日射遮へい性能

日射遮へい性能

夏場の冷房効果をあげるために、窓から入ってくる日射量も考慮します。値が小さいほど日射による室内の温度上昇を抑える利点があります。
モナミハウジングシステムの造る家は〔μ値 0.044〕をクリアした高い日射遮へい性能を誇っています。

省エネ 高気密・高断熱住宅

高気密高断熱

わずかなエネルギーで冬は暖かく、夏は涼しい住宅。
気密・断熱性能が高く、外部へ熱が逃げにくい、高気密・高断熱住宅が標準仕様です。

寒冷地仕様

寒冷地仕様

寒冷地の寒い家は室内の温度差が大きいためヒートショックでの脳卒中がおきやすいことが問題となっています。
モナミハウジングシステムの住宅は魔法瓶のように気密・断熱性を高めることで室内の上下における温度差が少なく、快適に暮らせます。

断熱複合サッシ・断熱ドア

断熱複合サッシ

建物内の温度が下がりやすくなる原因のひとつが開口部(サッシや玄関ドア)の断熱性能の低さです。
開口部からの冷気侵入を抑え快適な室内温度を保つために断熱複合サッシと断熱ドアが標準仕様です。


複合サッシ
断熱性能
アルミと熱伝導率の低い樹脂形材を組み合わせた、アルミ樹脂複合構造。
省エネルギー
複層ガラスのガラス溝幅は26mm。一般複層ガラス等の空気層12mm以上を確保でき、単板ガラスの約2倍の断熱性能を発揮します。その為、冷暖房エネルギーを大幅に削減し、家計の負担を軽減します。

遮熱仕様

遮熱比較

遮熱住宅はアルミの力を利用して熱を反射するので、屋根や壁に熱を溜め込みにくくなります。その為、日中がより涼しく快適に過ごせるだけではなく、陽が落ちてからも快適さが続きます。
一般的な住宅では、太陽の熱が降り注ぐと断熱材がその熱を受け止め、やがて輻射熱として室内へ放射され、屋根からも同様に大量の輻射熱が放射されています。一方遮熱住宅では、従来の透湿・防水シートの代わりにアルミの遮熱シートを差し込むことにより、降り注ぐ太陽の熱を遮熱シートが反射して熱を溜め込みにくくします。 その為、室内への熱の放射は大幅にカットされ、屋根も同様に輻射熱の放射を抑えることができるのです。
夏涼しく、冬暖かい快適な住まい。それが、「遮熱住宅」です。
モナミハウジングのR.ZERO、R.ecoに標準施工している遮熱シート デュポン™タイベック®シルバーは「熱を反射する遮熱性」「長期間防水する耐久性」「結露を抑える透湿性」の、3つの効果を発揮します。

高性能断熱材

床断熱
床断熱  (充填断熱工法)F F4Star
モナミハウジングシステムの造る家は押出法ポリエチレンフォームを使用しています。
熱伝導率はコンクリートの約1/50。省エネ効果に優れ、難燃処理により自己消火性を有しています。

壁・天井断熱材  (充填断熱工法)F F4Star
壁・天井断熱材 モナミハウジングシステムの造る家はロックウールを使用しています。
ロックウールは万一火災が発生しても延焼や類焼を抑え、有害ガスの発生もありません。また、防音性も高く、熱の伝導率が低く、グラスウールと比べると断熱性が優れています。
ロックウールはアスベストに比べて繊維径が太いために肺に入りにくく、体内に蓄積する心配はありません。WHOの下部機関である国際がん研究機関(IARC)では、2001年にロックウールを「人に対して発がん性の分類をすることができないグループ3」として国際的にも安全宣言されました。

耐久性

基礎パッキン
基礎パッキン
基礎パッキンは土台通気のため基礎床下内部全体に空気が入りやすく、空気が動きやすいため、湿気が出やすくカビが発生しにくい。

床下換気口
床下換気口基礎床下内部の空気が動きにくく、湿気が出にくいため、カビが発生しやすい。

耐震性

耐震性

面による耐震性で壁倍率2.5倍
枠組壁工法(ツーバイフォー)と同じく六面体構造で軸組工法の弱点を解消しました。


筋かいと耐力壁
金物構法(全シリーズ対応 オプション)
金物構法比較
従来の木造在来工法に比べて金物構法は、約1.5倍~2倍の強度を実現しました。接合部は特殊な金具で接合され、金物を差し込むスリットと金物を止める穴のみしか木材を削りません。
これに対し、木と木で繋ぐこれまでの木造軸組工法では大きく木を削ることになります。
金物構法では材木の断面欠損が小さく耐震性がより高くなります。
金物構造
弱点である接合部を金物接合に置き換えることで断面欠損を小さくし、高強度の接合部を実現しています。また、金物は木材内部に隠れるので、木造の美しさを損ないません。

ページの先頭に戻る