ZEH ─ Net Zero Energy House ─

ゼロエネルギーハウスについて
ZEHとは

東日本大震災における電力需給の逼迫や国際情勢の変化によるエネルギー価格の不安定化等を受けて、エネルギー・セキュリ ティーの観点から、住宅のエネルギー自給(自立)の必要性が強く、また単に省エネだけではなく居住者の健康状態等への配慮の必要性から、室内外の環境品質を低下させることなく、高い断熱性能と高効率設備による可能な限りの省エネルギー化と再生可能エネルギーの導入により、年間での一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロまたは概ねゼロとなるZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に注目が集まっています。

2020 年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標が設定され、新しく家を建てる多くの方がZEHの仕様を導入しやすいように、国は補助金を出し普及を促進しています。

※経済産業省「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」より
モナミハウジングのZEH

モナミハウジングシステムはこれまで高気密・高断熱、並びに耐震性を備えた省エネルギー住宅の建築に取り組んで参りました。 今後は「エネルギー基本計画」の「住宅については2020年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(ZEH)の実績を目指す」とする政策目標に基づき、以下の通り目標を定め普及に努めて参ります。

ZEHの周知・普及に向けた具体策

ホームページ、各種広告媒体や見学会によるZEH基準や仕様を示し、従来の住宅との違いやメリットを説明し普及を図る。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

自社の基本断熱性能はすでにZEH基準に達しているため、常に新しい情報を取り入れさらなる効率性を高めるための建材や設備の投入につとめる。設計から施工、周知活動を社内で一貫して行いコストダウンを図る。

その他の取り組み

商材全般の見直しを随時行い、高効率ヒートポンプ設備や高効率太陽光発電システムの搭載を基本とした設計と施工をご提案するよう尽力する。

実績及び、今後のZEHの目標割合
ZEHの受注割合   2018年度
実 績
2019年度
目 標
2020年度
目 標
注文 0% 25% 30%
建売 0% 20% 28%
既築 0% 10% 10%